模擬国連とは?

模擬国連(Model United Nations)とは、参加者一人一人が世界各国の大使を務め、実際に国連の会議で扱われている議題を自分たちで話し合う活動です。1923年にハーバード大学で始まったこの活動は、世界中の大学・高校において授業に採用されるほか、学生の課外活動としても楽しまれています。





その魅力は、ディベートと違い、勝敗を決めるのではなく、あくまでも一国を担う大使として、他国の大使と「交渉」をすることです。会議に参加することで身につく交渉力やリサーチ力は社会に出てからも必要な一生もののスキルとなります。

 

 

また、毎年4回行われる全国大会では、大人数での会議を経験することができるだけでなく、模擬国連の日本各地の研究会・支部の人たちと交流ができるというのも魅力のひとつです!

会議に参加する際の流れは、大きく3つに分けられます。①会議前準備、②会議参加、③会議後のレビューです。①会議前準備では、自分の担当国を決めることから始まり、その国の状況や他国との関係性、目標などをリサーチします。また会議でどのように行動するかなど戦略を立てます。②会議中は準備してきた内容をもとに自国の意見を述べ、他国と交渉します。③会議後は、会議での自分の行動を振り返り、次に参加する会議に役立てていきます。